« Microaqua Jelly Fish | トップページ | RAW現像 »

2004.07.01

ベローズはやっぱり難しい

今朝はちょっぴり早起きしたもので、ベローズでの撮影を行ってみました。
前回は、久しぶりすぎてわけわからなくなっちゃいましたので、今回もまったりと練習です(^^;)

20040701bellows1.jpg
PENTAX *ist D / smc PENTAX-M MACRO 50mm F4.0 / Bellows
1.5sec / F16 / Center-weighted metering / 0.0EV / ISO:200 / WB: Auto / RAW

照明がいい加減すぎ(^^;)

さすがにこれだけ拡大すると、ちょっとした風や振動でぶれちゃいます(^^;)
しかも、以前からず〜っと使い続けているVelbonの三脚もガタついてました。

20040701bellows2.jpg
PENTAX *ist D / smc PENTAX-M MACRO 50mm F4.0 / Bellows
1.5sec / F16 / Center-weighted metering / 0.0EV / ISO:200 / WB: Auto / RAW

撮影前に、ちょこっとお掃除しないといけないですね(^^;)

ベローズはPENTAX AUTO BELLOWS Aを使っています。でも絞りをシャッターに連動させる専用ダブルレリーズが、*ist Dでは使えないんです(涙)
このため、絞り解放でフォーカスをあわせた後、手動で絞り込んでいます。
もちろん絞り込むとファインダーは真っ暗です。
この状態でセルフタイマー撮影しているため、最後にファインダーをのぞいた時からかなりのタイムラグが発生しちゃってます。
その間に、ちょっとした風とかで微妙に動いちゃったりするんですよねぇ…

ん〜、やっぱりベローズって難しいです(汗)

|

« Microaqua Jelly Fish | トップページ | RAW現像 »

コメント

おおっ、このM MACRO、強拡大でも描写に関してはいいものもってるんですねー。私も中間リングで頑張ってみようかな。

投稿: クモハ169-1 | 2004.07.02 22:58

>クモハ169-1様
アップした画像はかなり縮小してますので詳細はわからないですが、オリジナルサイズですと花びらの細胞も十分識別できますです☆
ベローズは自在に倍率を変えられるのがいいですね。
中間リングは屋外でも気楽に使えますので、私も愛用しております♪

投稿: すける | 2004.07.03 02:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベローズはやっぱり難しい:

« Microaqua Jelly Fish | トップページ | RAW現像 »