« 紅一点 | トップページ | 対角線180°への憧れ(◎o◎) »

2004.11.16

アコーディオンな寄り寄り装置

だいせいさんの疑問

「ベローズってつけられるんですか?」

にお答えします(^^;)

まず、ベローズをご存じない方のために簡単な説明を。
一眼レフの交換レンズとボディの間に中間リングなどを挟んで距離をあけますと、通常以上に被写体に接近できるようになります。
で、蛇腹を利用して交換レンズとボディの距離を自在に変更可能にしたものがベローズと呼ばれる装置です。

こんなのです↓
20041116bellows.jpg

さて今回は普通の標準レンズsmc PENTAX-FA 50mm F1.4とベローズを*ist Dに取り付け、ススキを撮影してみました。
-----
<追記>
FA 50mm F1.4の最短撮影距離は45cmです。今回、ベローズを取り付けてレンズ先端から約5cmのところにススキを置いてみました。
-----
5分もかけてないえ〜かげん撮影ですので、デキはイマイチですがとりあえずサンプルということで(^^;)

20041116susuki1.jpg

PENTAX *ist D / smc PENTAX-FA 50mm F1.4 + Auto Bellows A

1/4sec F8 ISO:200 RAW 5500K

オートベローズは、特殊なレリーズ(カメラと、離れた位置にあるレンズを同時に連動させる二叉レリーズ。レリーズを押していくと、まずレンズの絞りが動きシャッター半押し状態になります。さらに深く押すとシャッターが切れます)を使って絞り込み測光ができます。
ですが*ist Dではこのレリーズが使えません。
レンズを絞り、暗〜い視野の状態でマニュアル測光して撮影しています。

機会があればもっとマシな画像をアップしますですm(_ _)m
ついでにPENTAX PEOPLEの今月のお題「ちいさい秋みつけた」にもトラックバック☆

あ…今カタログを見るとオートベローズは生産終了してるんですね…

|

« 紅一点 | トップページ | 対角線180°への憧れ(◎o◎) »

コメント

これか!すごい!
早速のエントリーアップありがとうございます~

すすき輝いている!
ぱっと撮ってきたとは思えないんですが。
鬼寄りですね。
もう実態顕微鏡の世界です(^^)/

投稿: だいせい | 2004.11.16 23:07

ゲーッ!!!(ゆでたまご連載漫画最終コマ的驚き ←くどい)
カメ歴浅い私からしてみれば未知の世界。。 すごいっす。。
こりゃたまげた。

>オートベローズは生産終了してるんですね…
鬼門漁りにでも出掛けますかぁ

投稿: ぴょん | 2004.11.16 23:35

>だいせい様
いえいえ〜☆
え〜、正確には「すすきと向き合っていたのが5分」で、ベローズの取り付け&取り外しなんかであと10分ほどかかってますね(^^;;;)
ベローズはおもしろいのですが、壊れやすいので野外に持ち出すのはちょっと…
中間リングの方が実用的っす。

投稿: すける | 2004.11.16 23:39

>ぴょん様
あっと時間差(^^;)
ん〜、自由に変倍できたりするのでベローズの方がおもしろいのですが、やっぱり中間リングが気楽です。
ペンタックスにはヘリコイドな中間リングもあったりしますよ〜♪

投稿: すける | 2004.11.16 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アコーディオンな寄り寄り装置:

« 紅一点 | トップページ | 対角線180°への憧れ(◎o◎) »