« 魚眼が見た渓谷の秋(◎o◎) | トップページ | 水平の呪文 »

2004.11.22

等倍ラビリンス

一眼レフカメラを使う楽しみの一つは、様々なレンズを用途によって使い分けることができちゃう点。
私の場合、どこまで細かく写り込んでいるか…はあまり気にしてなくて、写真全体からの印象やレンズの個性重視だったりします。
あ、マクロレンズは例外です。
実際、大きく引き延ばしたりすることはそんなに多くありませんし、blogの場合はかな〜り縮小しちゃってますし(^^;)

が、そんな私でもついつい等倍で写真をチェックしてしまうレンズができちゃいました。
smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limitedです。
fukuzoさんから、このレンズの解像感についてのコメントを頂きましたので、トリミングしたピクセル等倍画像をアップしてみます。

20041122toubaimomiji.jpg

PENTAX *ist D / smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited

1/1500sec F1.8 A-AE (center) -1.0EV ISO:200 RAW 5500K Trimming

等倍で見てもかな〜り味がありますです(^^)v

ん〜、さすがにこのサイズですと実物の倍近い大きさになっちゃいますね(^^;)
そんなわけでPENTAX PEOPLEの「ちいさい秋みつけた」にもトラックバック☆

-----

今朝も寒さで目を覚ましました(涙)
気温は7℃(>_<)
ちなみに予想最高気温は20℃だそうです。

<追記>
オリジナルな画像は「逆光モミジ」とあまりにワンパターンなので、掲載を見合わせたのですが…
やはり比較対象としてトリミングなしな通常縮小画像もあった方がいいかな〜?と思いアップいたしましたです(^^;)

20041122momiji.jpg

PENTAX *ist D / smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited

1/1500sec F1.8 A-AE (center) -1.0EV ISO:200 RAW 5500K

|

« 魚眼が見た渓谷の秋(◎o◎) | トップページ | 水平の呪文 »

コメント

ピクセル等倍については、私も同じです。基本的に見てもしょうがないです。
でもDFAでピントが来てる写真は縮小してもわかるのでピントチェックで等倍してしまいます^^

77mmLTD やっぱすごいです。ピント来てるのきっと上から2番目の葉っぱですね。
1ピクセル(ベイヤーとか言うのは野暮)も無駄にしてないタイプですね。
私の場合、画角がちょっとねと言い訳して、43mmかDA40mm狙いです。

投稿: fukuzo | 2004.11.22 08:57

>fukuzo様
確かにマクロの場合、いろいろシビアですよね。
ピントを合わせる時も、マクロ撮影時はレフコンバーターでファインダー像を2倍に拡大しています。

43mmリミはどんどんと所有されてる方が増えてますね(^^;)
DA40mmリミも興味津々です。
あぁレンズ沼にずぶずぶ…(汗)

投稿: すける | 2004.11.22 12:52

すごく細かい所までくっきり写ってますね。
光源は後ろからですか?

投稿: うなむ | 2004.11.22 18:05

>うなむ様
ちょうど追記をアップ中にコメントを頂いちゃいましたです(^^;)
え〜、追加アップした画像でも分かります通り逆光状態での撮影です。
もちろん屋外であります。

投稿: すける | 2004.11.22 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 等倍ラビリンス:

« 魚眼が見た渓谷の秋(◎o◎) | トップページ | 水平の呪文 »