« 白の呪文 | トップページ | 真上からの視点 »

2005.08.31

蔵出し その1

使用頻度が低く、防湿庫で眠りかけているレンズってありません?
それなりの理由があって使わなくなったりするわけですが…
でも、気がついていない面白いポイントがあるかもしれません。

そんな、ちょっと冷遇しちゃったレンズ達をたまには持ち出してみようと思っちゃいました(^^;)

今回はsmc PENTAX-FA Zoom 28-70mm F4 AL。
非球面レンズや高屈折率低分散レンズ、ゴーストレスコートを採用したF4通しの(比較的)高性能かつ軽量コンパクトなズームレンズです。
すんごくチープな外観&感触とは裏腹に、銀塩ですとなかなか侮れない写りなんです。

*ist Dで使用した場合、43〜107mmと標準〜中望遠レンズの画角になります。
常用ズームとして使うには、もっと広角寄りな方が便利だったりしますね。

さらに*ist Dでは…絞り開放ですと「もわわ〜ん」とした写り(^^;)
2段ほど絞ってようやく本来のシャープさが出てきます。

でもって私的には、スッカスカなピントリングとズームリングの感触が嫌いで(^^;;;;)
まぁそんなこんなで、最近ではあまり使ってないんですわ。

20050831fa28_70_1

PENTAX *ist D / smc PENTAX-FA Zoom 28-70mm F4 AL

まずは70mm、F5.4で撮影。
ふわっとした、良く言えば優しい感じの写りですね。
縮小前の画像ですと花粉の一粒一粒を確認することができちゃったりします。
ん〜、これはこれでありかなぁ…と、ちょっと見直してみたり(笑)

20050831fa28_70_2

PENTAX *ist D / smc PENTAX-FA Zoom 28-70mm F4 AL

続いて28mmにズーム。
やっぱりズームリングの感触は好きになれないですねぇ…
気を取り直してF8で撮影。
かなりシャキッとしてきましたです。


さてさて。
私の場合、どんなレンズでもぬおぉおぉ〜と寄りまくりたい欲求があります(笑)
で、クローズアップレンズを使って無理矢理寄りよりしてみました(^^;)

20050831fa28_70_3

PENTAX *ist D / smc PENTAX-FA Zoom 28-70mm F4 AL + Kenko MC Close-Up No. 3

70mm、F5.4で撮影。
ん〜、やっぱりほわわん(^^;)
F8まできっちり絞った方が良さそうですね。

20050831fa28_70_4

PENTAX *ist D / smc PENTAX-FA Zoom 28-70mm F4 AL + Kenko MC Close-Up No. 3

で、F8です。
あまり寄ってないですが…なかなか良い感じになってきますね。
お気楽マクロとしてならいけそうですが、ちょっと暗いところになりますと手持ち撮影は厳しくなってきます。

え〜、あえてこのレンズを使う理由は…う〜ん、う〜ん、う〜ん…

|

« 白の呪文 | トップページ | 真上からの視点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蔵出し その1:

« 白の呪文 | トップページ | 真上からの視点 »