« 紫式部 | トップページ | 河口の朝 »

2005.11.02

キツネノマゴに寄ってみる

20051102Justicia1

PENTAX *ist D / smc PENTAX-FA 28mm F2.8 AL + Reverse Adapter K 49mm + Auto Extension Tube Set K Nos. 1-3

昨日の天気予報では快晴のハズだったのですが…
どよよ〜んとした曇り空。時折雨もパラパラと…

たとえ天気が悪くても、寄りたいものがあればチャレンジ♪
前回に続き、ちっちゃくて愛らしい雑草「キツネノマゴ」の花を、ぐわぁあああああ〜っと接写してみました(^^;)

とにかく相手が小さな花ですので、FA28mmにリバースアダプターと接写リングを装備して倍率を稼いでみました。

まずは白い花のタイプを正面から。雄しべの先端にピントを合わせてみました。
被写界深度がとっても浅いですが、これでもF8まで絞ってます(^^;)
ちなみにこの花びらの幅は3mmくらいです。

20051102Justicia2

PENTAX *ist D / smc PENTAX-FA 28mm F2.8 AL + Reverse Adapter K 49mm + Auto Extension Tube Set K No. 3

続いて淡い紅紫色のタイプを横から。
接写リングをNo.3だけにして倍率を落としています。
花びらの模様はなにげに複雑です☆

“隠れ☆レンズ”FA28mmは、通常使用でも素晴らしい描写を見せてくれます。
ただ、なんかこう…味がないといいますか…(それはそれで凄いことなんですが^^;)

でもですね、FA28mmを前後リバースしてもそのヌケの良さは健在。
接写リング3連結してもタム90の無限遠時の長さと同じくらい。
トータル重量も軽いのですごく扱いやすかったりします♪

|

« 紫式部 | トップページ | 河口の朝 »

コメント

28mmのリバースに拙者(笑)リングですか・・。
以前ジャンクで買ったCOSINA MF28にリバースつけてヒメオドリコソウを撮ってみた事がありますが・・・。
あのときの事を考えると、すけるさん凄すぎです。

投稿: しなしな | 2005.11.03 09:41

>しなしな様
どもありがとうございます(^^)
広角レンズリバースは、手軽に高倍率マクロ撮影ができる反面、いろ〜んな作業がシビアになりますよね。
デジタル一眼ですと、その場で画像やヒストグラムチェックができますので、ずいぶんと撮影し易くなりました♪

投稿: すける | 2005.11.03 17:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キツネノマゴに寄ってみる:

« 紫式部 | トップページ | 河口の朝 »