« 久しぶりの日曜市(◎o◎) | トップページ | 夏の声(◎o◎) »

2006.07.16

超望遠の囁き

20060716lotus1

PENTAX *ist D / RMC Tokina 500mm F8

遠くのモノをぐわっと引き寄せたい、背景を徹底的に整理したい、ベールのような前ボケを活かしたい…
400mm以上の超望遠レンズって本当に魅力的です。

ですが、レンズ自体が巨大で重く、そのためゴツイ三脚も必要で…
とてもお気楽撮影には向きません。

そして何よりレンズの値段が高すぎです(滝涙)

なのでヘタレな私は、超望遠レンズに軽量コンパクトなレフレックスレンズを愛用しています。

ただ…レフレックスレンズは絞りが固定なので、直射日光ガンガンな状態でないと高速シャッターを切れません。
そんなわけで三脚または一脚が必要です。
500mmレンズでもAPS-C換算で約765mmですからねぇ…

でもって特殊なリングボケになっちゃいますので、使いどころが難しいです。

20060716lotus2

PENTAX *ist D / RMC Tokina 500mm F8

背景整理のつもりが、リングボケでとんでもないことになったり…
リングを飛ばしたりできる条件ですと、レフレックスレンズならではの表現ができるんですけどね。

20060716lotus3

PENTAX *ist D / RMC Tokina 500mm F8

今日は運良くSDカードがセットされたK100Dを触ることができました。
撮影画像を背面液晶で拡大したりしてシェイクリダクションの効果を実感!
やっぱすげぇっすね(^^)




するってぇと悪魔の囁きが…(汗)

暗い超望遠レンズなら比較的コンパクトだよね…

明るいレンズはすんごい値段だけど、暗いのだとそこそこだよね…

画質の甘さも画像処理で少しは補正できるよね…

へっぽこ三脚でもシェイクリダクションがあれば、なんとかいけるんでないかい…

レフレックスレンズでも、機材が軽くなればリングボケを活かせる場所を探して、かな〜りウロウロできるよね…









あぅあぅ…今のところ耐えてます(^^;)

|

« 久しぶりの日曜市(◎o◎) | トップページ | 夏の声(◎o◎) »

コメント

私も「シェイクリだったらこのレンズでスナップできるかも…」と思ってました(^^;
K100Dの手ブレ補正、かなり評判良いみたいですね。
ネット上の作例でも1秒とか2秒のシャッターで撮ったものもあり、
こりゃ相当優秀なシステムなんでないかい?と感じてます。

投稿: みけ | 2006.07.17 12:35

>みけ様
お〜、同じ事を!(^^;)
CCDシフト方式の手ぶれ補正ですと、ファインダー像は揺れたままです
から、超望遠ですとピント合わせがちと辛いですね。
とは言え、どんなレンズでも効果があるというのはすんごいアドバンテ
ージですよね〜♪

投稿: すける | 2006.07.17 18:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超望遠の囁き:

« 久しぶりの日曜市(◎o◎) | トップページ | 夏の声(◎o◎) »