« はちす | トップページ | 久しぶりの日曜市(◎o◎) »

2006.07.15

暑さに負けず…

20060715himawari

PENTAX *ist D / smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited + C-PL Filter

連日の猛暑です(@@;)
少し外に出ただけで、汗が噴き出してきますね。

そんな中、カメラ屋さんへトコトコと行ってきました(^^;)

もちろんお目当ては、発売されたばかりのPENTAX K100D

P1000262

DoCoMo P900iV

ちょこちょこっと触っただけですが、いやはやたまげました。
これ、すっごく良いですね!

外観は価格相応以上の仕上げかと。ただ…背面ボタンを操作する時の、ウレタン樹脂の指かけ(ウイング)は…せっかくの仕上げを台無しにしているようにも思います。もっと目立たない色の方がよかったのでは?
でっかい液晶はほんと見やすいですね。各種ボタンも操作し易く、*ist Dシリーズユーザーならほとんど迷わないのではないでしょうか。

グリップはしっくりきますね(^^)
DS/DLシリーズのグリップはちょっと苦手だったのですが、これは良いです。
もちろん個人差はあるかと思いますが、しっかりホールドできるので、握るだけで嬉しくなってきます(笑)

内蔵ストロボは位置が高くなってますので、全長が長めのレンズを使ったときでもケラレにくそうです。

ファインダー像は、さすがにちょっと小さいかなぁ…という感じで、ファインダー内情報は見づらいです。それでもピントは合わせやすいですね。

速くなったと言われるオートフォーカスのスピードは…めったにAFを使わないのでよく分かりませんでした(^^;)
でも*ist Dに比べて迷いにくいというか、スッとピントが合うように思いましたです。

残念ながらSDカードは抜いてありましたので、画質はわかりませんでしたが…プレビュー画像だけでも、約2〜3.5段分とされているシェイクリダクションの効果を実感できました。
これはやっぱ凄いですね。
撮影の幅をぐわっと広げてくれますですよ。

私の場合、基本は絞り優先AE + 露出補正なのですが、マニュアル露出も結構多用します。
このため、セレクトダイヤルが1つだけ…というのはちょっと…ということを言い訳にして、レジに駆け込みたい衝動をぐぐぐぐぐっと抑え込みました(^^;)

一応本命は秋の1,000万画素機です。
…なのですが、正直なところ1,000万画素もいらないんですよねぇ…
確かに1,000万画素ですと解像感は高くなるのでしょうが、ブレにもかなりシビアなようですし。
手ぶれは補正できても(それでもK100Dと同じものが搭載されたら、K100Dほど実感できないかも?)、ごくごくわずかな被写体ブレはどうしようもないですしねぇ…

でもってデータサイズはでかくなりますし、ノイズなどの問題もありそうです。
プリントしてもA4サイズが多いので、610万画素でも不満はないです。

う〜、1,000万画素機のメカを搭載した600〜800万画素機が出ればなぁ…(^^;;;;;)

|

« はちす | トップページ | 久しぶりの日曜市(◎o◎) »

コメント

向日葵の花びらの形がおしゃれでいいです。
全体から、日差しが感じられます。

投稿: 由莉まま | 2006.07.16 16:13

>由莉まま様
いやもう強烈な夏の日差しです(@@;)
でもそんな日差しが向日葵には似合いますね。

投稿: すける | 2006.07.16 18:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暑さに負けず…:

« はちす | トップページ | 久しぶりの日曜市(◎o◎) »