« クルリと巻いて | トップページ | 早朝の柔らかな光 »

2006.08.25

魅惑のイエロー

20060825commelina1
PENTAX *ist D / smc PENTAX-FA☆ Macro 200mm F4 ED [IF]

ツユクサって、とにかく面白い形をしているので撮影していても飽きません(^^;)

20060825commelina2
PENTAX *ist D / smc PENTAX-FA☆ Macro 200mm F4 ED [IF]

二枚貝のような包葉から2つの花が出ることもあります。
なんだかおんぶしているようにも見えますですよ。

20060825commelina3
PENTAX *ist D / smc PENTAX-FA☆ Macro 200mm F4 ED [IF]

確かツユクサには蜜腺はなかったかと思うのですが、結構虫が寄ってきます。
鮮やかなブルーの花びらやド派手な雄しべが虫を引きつけるんでしょうね。

以前にも書きましたが、派手な黄色い雄しべの葯は花粉をほとんど作らなかったりします。
花粉を大量に作るのは、でろ〜んと下がった地味〜な2つの雄しべの葯。
黄色い葯につられてやってきた花粉目当ての虫は、花粉あさりをしようとせっせと動き回るわけです。
その時に地味な雄しべの花粉を体につけちゃうわけですね。
で、花粉がほとんどないため、すぐに別の花へ。
こうして花粉を運ばせちゃうみたいです。
ん〜、ほんと疑似餌みたいですよね。
引っかかるのは、このアブさんだけではなく私もですが(^^;)

身近な雑草も、なかなかにしたたかな繁殖戦略を練っておりますですよ。

|

« クルリと巻いて | トップページ | 早朝の柔らかな光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17370/11603329

この記事へのトラックバック一覧です: 魅惑のイエロー:

« クルリと巻いて | トップページ | 早朝の柔らかな光 »