« 睨みつけられ | トップページ | 冬の紅 »

2006.12.29

またまた売り上げに少し貢献(^^;)

20061229k10dmook1
PENTAX K10D / smc PENTAX-A MACRO 50mm F2.8 + C-PL Filter

K100Dに続き、K10Dのムック本「PENTAX K10DオーナーズBOOK」が出てますね。
書店ではぜ〜んぜん見かけなかったのですが、なんとかゲットいたしました(^^;)

ん〜、書店の予想を上回る売れ行きだったのでしょうかね?

20061229k10dmook2
PENTAX K10D / smc PENTAX-A MACRO 50mm F2.8 + C-PL Filter

各種機能の使いこなしポイントや被写体別セッティングなども掲載されてまして、「オーナーズBOOK」という名はダテじゃない、という印象です。

個人的には「1000万画素のライバルと比べる」のような部分は、いろいろな雑誌で特集したりしてますから、あえてムック本に入れなくても…と思ったりしますね。
記事の作成はすごく面倒だったとは思いますが(^^;)
その分、PHOTO Laboratoryの使いこなしなどにページを割いても良かったのでは?なんて思いますです。

レンズ紹介も結構気合いが入ってまして、smc PENTAXレンズの他にTAMRONやSIGMAのものもいろいろ紹介されてます…が、DAレンズ以外の作例はちょっと小さすぎなのが残念。
各レンズの一言コメント「あまりおすすめでない被写体」にはちょっと笑ってしまいました(^^;)

#ん〜、超望遠レンズでの作例がすんごく少ないのはやっぱり寂しいなぁ…
#現行のレンズのラインナップでは仕方ないですが。

でもって一番まじまじと読んだのはK10Dとレンズの「工場紀行」だったり。
いやはや、もっと読みたいっすよ(^^;)

|

« 睨みつけられ | トップページ | 冬の紅 »

コメント

私も遅れて1週間ぐらい前にゲットしました。
同じく一番熱心に読んだのは、工場紀行です^^
PENTAXのロゴは手作業で塗られていたのかと感心しました。

投稿: のんきち | 2006.12.29 07:41

>のんきち様
そうなんですよ、あのロゴは1つ1つ丹念にインクを流し込んでいたんですよね。
描き込んでいるような感じです。
また、クイックシフトフォーカスシステムの特殊部品も、極小部品を1つ1つ丹念に組んでいたり。
検査体制もあきれちゃうほど徹底していますし。
精密機器とは言え、ほんとびっくりです。

投稿: すける | 2006.12.29 09:30

K10Dのオーナーではありませんが、Amazonでこの本を買いましたσ(^^;

投稿: Legin | 2006.12.29 10:09

はじめまして♪

blogpeople、K10D~TB からお邪魔させていただきました。
K10Dのムック本があるのですねェ~
私も、是非ゲットして読んでみたいです。
情報ありがとうございました!また遊びにきます。 (^^)/~~~

投稿: syk7 | 2006.12.29 10:42

>Legin様
PENTAX一眼レフのムック本それ自体が珍しいですからね。
私もK100DのオーナーではありませんがK100D本を買いました(笑)

>syk7様
どもはじめましてこんにちは☆
今後ともよろしくお願いいたしますね。
そうなんです。K100Dに続きK10Dのムック本が出ちゃったんですよね〜。
K100Dの時はあっさり買えちゃいましたので油断していたら、ご近所の本屋さんでは壊滅状態でした(^^;)
たまたま出先でふらりと入った本屋さんにポツンと置いてあり、「これかぁ〜!!」という感じで速攻ゲット
であります♪

投稿: すける | 2006.12.29 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17370/13245178

この記事へのトラックバック一覧です: またまた売り上げに少し貢献(^^;):

« 睨みつけられ | トップページ | 冬の紅 »