« 粒状感が恋しくて | トップページ | とげとげ »

2006.12.14

落ち葉

20061214fallen_leaves

PENTAX K10D / smc PENTAX-FA☆ Zoom 28-70mm F2.8 AL

この数日で、一気に落葉が進んだ感じです。
見上げるよりも足下の方が派手だったりしますね。

#うわぁ…コダクローム64の販売が終了ですよ…(涙)

|

« 粒状感が恋しくて | トップページ | とげとげ »

コメント

K10Dの写真を拝見していますが、しっとりと深みがあり、な〜んか
良ささげですね。
銀塩カメラは、PENTAXを使っていたので、PENTAXに愛着があり、
こんど買うとすれば、このK10Dが最有力候補です。
でも知り合いのカメラマンは、レンズの明るさで今は、キャノン!と
鼻の穴をおっぴろげて申しており、少し揺れ動いております。

投稿: KAZU | 2006.12.16 09:56

>KAZU様
はい、K10Dはすごく良くできたカメラですよ。
連写性能を求めないのであれば、十二分に満足されるかと思います。

確かにキヤノンにはEF24mm F1.4LとかEF28mm F1.8、EF35mm F1.4L、EF85mm F1.2L、
EF135mm F2Lなど、すごく明るいレンズがありますね。どれもすんごく高いですが(^^;)
対してPENTAXは…1段ほど暗めとなります。その分軽量コンパクトですし、PENTAXらし
さ満開のLimitedシリーズなどもありますが。

大口径レンズは、その浅い浅い被写界深度や大きなボケが特徴となります。
少し絞り込む(と言っても一般的なレンズの絞り開放値)ことで、各種収差がぐっと抑えら
れるメリットもありますが、最新レンズは絞り開放から各種収差がかなり抑えられてきてい
ます。
また、大口径の明るさを活かした高速シャッタースピードに関しても、デジカメですと自在
にISO感度を変えることができますし、K10D/K100Dには手ぶれ補正もありますので、以前
ほどではないかなぁ…と思いますです。

投稿: すける | 2006.12.16 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落ち葉:

« 粒状感が恋しくて | トップページ | とげとげ »