« 高空Twilight | トップページ | 雨上がりにSonner »

2006.12.07

reflection

20061207reflex1

PENTAX K10D / RMC Tokina 500mm F8

久しぶりにTokina 500mm F8を振り回してました(^^;)
K10Dのボディ内手ぶれ補正のおかげで、500mmレンズの出番も増えそうです。
ちなみにこの画像はシャッタースピード1/80秒。
blog用に縮小すれば結構いけてます♪

20061207reflex2

PENTAX K10D / RMC Tokina 500mm F8

こちらは1/60秒。風で葉が動いてまして、被写体ブレしております。
ただ、縮小するとちょっとソフトな感じになり、これはこれで面白いかと。

20061207reflex3

PENTAX K10D / RMC Tokina 500mm F8

Tokina 500mm F8は、最短1.5mまでの近距離撮影もできるのですが…さすがに像が劣化します。
これは2mくらいだったでしょうか。
もうちょっと離れた方が、本来のシャープさが得られたかもしれません。

#むぅ…ミステロンかはたまたオベラスか…(謎)

20061207reflex4

PENTAX K10D / RMC Tokina 500mm F8

リングボケがあまり出ていない画像なぞ。
これも1/80秒。
このレンズは絞りがF8固定なので、ファインダー像はかなり暗いです。
で、手ぶれ補正がばりばり効いてくる暗さになると、ファインダーはピント確認が困難なくらい暗いです(^^;)
さらにファインダー像はぶれまくりですからね〜。
私の持っているこのレンズは、フォーカスリングが特に固いためピント合わせがめちゃ辛いです。
なんだかんだで超望遠レンズではやはりレンズ内補正の方が有利ですよね。

20061207reflex5

PENTAX K10D / RMC Tokina 500mm F8

最後はでっかいリングボケ画像なぞ(^^;)

500mmレンズも手ぶれ補正のおかげで、その活動範囲がすご〜く広がりますね。
でも、すんなりとピント合わせができる明るさは必要ですけれど。

まぁ独特なリングボケを楽しむ機会は確かに増えそうですよ♪

-----

な〜んかココログのメンテは失敗だったようで…

|

« 高空Twilight | トップページ | 雨上がりにSonner »

コメント

このレンズって2万円台で買えるんですね。知りませんでした。
でもとてもそんな安いレンズだとは思えないような写り。ほしいなぁ。
遅れましたけど、K10Dのご購入おめでとうございます^^
ボディ内臓の手ぶれ補正はいいなぁ。

投稿: はたけ | 2006.12.07 22:18

>はたけ様
どもどもです☆

はい、このレンズは500mmとしてはすんごく安いですよ。
で、反射鏡を利用しているので色収差は皆無です。
しかも直径はデカ目ですが軽量コンパクトなので、手持ちしてても楽ちんです。

ただ…F8と暗いことと絞りが変更できないこと、そして独特のリングボケがどうか、ですね。
また、ちょっぴり斜めから強い光が入ると、盛大にフレアが発生します。
なかなか難しいレンズではありますね。
でもそこがおもしろかったりしますですよ♪

投稿: すける | 2006.12.08 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: reflection:

« 高空Twilight | トップページ | 雨上がりにSonner »