« 霜が降りて | トップページ | reflection »

2006.12.05

高空Twilight

12月5日10:00〜12月7日15:00までの53時間、ココログがデータベース分割のためにメンテを行うそうです。
なのでこの期間はな〜んもできなくなります。
う〜ん、それにしても長いですねぇ…

-----

20061205twilight1

PENTAX K10D / smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED AL

ジェット機の巡航高度からの夕景は、やはりひと味違いますね。

20061205twilight2

PENTAX K10D / smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED AL

日没の時間になると、オレンジ色から紺色へのなだらかなグラデーションが綺麗なんですよね〜♪
シートの位置が反対側だったら、より劇的なシーンが撮影できたのでしょうが(涙)

K10Dでは、JPEG出力時の絵作りが*ist Dと比べてずいぶん変わったように思います。
ナチュラル仕上げでもメリハリがあり、ちょっと記憶色風な味付けのように感じますね。
また画素数がアップした分、非常に繊細な仕上がりになってます。

…というか、*ist DのJPEG出力がアレだったせいもありますが(^^;)
#*ist D購入時にJPEGで数枚テスト撮影して以降、緊急時以外はすべてRAWだったりしました。
#まぁ、じっくりとRAW現像するのが好きなのもありますけれど。

20061205airport

PENTAX K10D / smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED AL

こちらはISO 800で撮影。
確かに高感度ノイズは多めで、PENTAXがISO1600止まりにした理由もわかります。
ただ、ノイズそのものはイヤな出方じゃないんですよね。
しかも画素数が多いため、blog用に縮小するとほとんど目立たなくなります。
この点はもともと期待してなかったため、正直ちょっとびっくりでした。

画素数が増えた分、ファイルサイズがでかくなりRAW現像時のまったり度が増しました。
ちょいと多めに現像しようとすると、うちのMacではちとキツイです。
ん〜、JPEG出力がこれだけ良くなってますので、JPEG撮りの頻度が少しは増える…かも?

|

« 霜が降りて | トップページ | reflection »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高空Twilight:

« 霜が降りて | トップページ | reflection »