« ちょっぴりのリベンジ | トップページ | 爽やか系イエロー »

2007.03.19

Flektogonでマクロっぽく

20070319flektogon1
PENTAX K10D / Carl Zeiss Jena DDR MC Flektogon 35mm F2.4

久しぶりにFlektogon 35mmで寄りまくってみました♪
Makroの名を冠していないとはいえ、その近接域での描写性能はなかなかなものです。

20070319flektogon2
PENTAX K10D / Carl Zeiss Jena DDR MC Flektogon 35mm F2.4

一昔前のズームレンズによく搭載されていた、寄れるだけの「なんちゃってマクロ」とはまったく違う描写ですね。
古いレンズとは思えません。
さすがにマクロレンズほどの切れ味はありませんが、たとえば上の写真ですと、葯の中の花粉一粒一粒がかなり鮮明に描写されてますですよ(縮小してわかんなくなってますが^^;)。
それでいてふんわりしたボケ味を合わせ持っているところがスゴイです。

#…なんですが、最近のデジタル対応ズームレンズは、なかなか侮れない性能になってますね。

20070319flektogon3
PENTAX K10D / Carl Zeiss Jena DDR MC Flektogon 35mm F2.4

ん〜、Tokinaからも「AT-X PRO DX仕様35mm F2.8デジタル一眼レフ専用交換レンズ」が出るんですね。
PENTAXから出る「smc PENTAX-DA35mm F2.8 Macro Limited」と同じ光学系を利用しているんでしょうけど、デザインはずいぶんと違いますね(^^;)
TokinaのはAT-X PRO DX仕様ということで、堅牢性を重視した結果でしょうか。
にしても武骨なデザインですね。

20070319flektogon4
PENTAX K10D / Carl Zeiss Jena DDR MC Flektogon 35mm F2.4

正直なところ、PENTAXのLimitedシリーズが売りにしている「こだわりの描写性能を追求」したレンズが他社から出るのは、ちょっぴり複雑な気分だったりします(^^;)
Limitedってのはアルミ削り出し鏡筒などの質感のことかい…って感じで。
もちろん、写りにかなり影響するとされる鏡筒内面処理やQuick-Shift Focus Systemなど、PENTAXならではの部分もありますが。

20070319flektogon5
PENTAX K10D / Carl Zeiss Jena DDR MC Flektogon 35mm F2.4

ま、それに他社ボディとは撮像素子やそのチューニングの違いがありますから、PENTAXのいう「こだわり」を再現できるのは、PENTAXのボディを使ってこそだとは思いますけれど(^^;)

<追記>
あ…K10D/K100Dで使えば、もれなく手ぶれ補正もついてきますね。
光学系だけがすべてじゃないですし。
そう考えると、ずいぶん違った製品だなぁ…って感じですね(^^;)

|

« ちょっぴりのリベンジ | トップページ | 爽やか系イエロー »

コメント

どの写真もクッキリと鮮やかに写っていますね。
花の方もいろいろと咲いていて賑やかですね。

投稿: うなむ | 2007.03.20 09:15

>うなむ様
19日はちょっと曇り空でしたので、全体的なコントラストは低めですが、
それでも鮮やかさは出ておりますね。
春の花はもう一通り咲いておりますですよ。
後はサクラを待つばかり♪

投稿: すける | 2007.03.20 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17370/14316294

この記事へのトラックバック一覧です: Flektogonでマクロっぽく:

« ちょっぴりのリベンジ | トップページ | 爽やか系イエロー »