« 午睡の刻 | トップページ | 藪蔓小豆クルリ »

2007.09.23

少し遅めに咲いて

20070923nokanzou1

PENTAX K10D / TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1 Model 272E

7〜8月くらいに良く目にするノカンゾウです。
9月下旬でも咲いていたりするんですね。
橙赤色の花びらが緑によく映えます。

20070923nokanzou2

PENTAX K10D / TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1 Model 272E

ノカンゾウといえば、天を向くスラリとした雄しべ。
花粉はもうかなりばらまかれてますね。
横にひょろんと伸びた雌しべが、ちょっとしたアクセント…って、ホントは邪魔だったんですけどね(^^;)

|

« 午睡の刻 | トップページ | 藪蔓小豆クルリ »

コメント

こんばんは。プログピープル-K10Dから回ってきました。

綺麗なマクロですね。ひゅーっと伸びた蘂が美しいです。

投稿: はる | 2007.09.23 23:45

>はる様
どもこんばんは☆
ノカンゾウのちょっとS字の入った雄しべって良い感じですよね。
柔らかな光と相まって、凜とした優しさが表現できたかなぁ~?なんて思ってます(^^;)

投稿: すける | 2007.09.24 01:09

いつも写真拝見させていただいています。
同じ機材を持っていてもこんなきれいに撮れない^^;
どうやったらこんなに緑色がとてもきれいに撮れるのでしょう?
まだまだ修行が足りない自分の教材にさせていただいてます。

投稿: のぶ | 2007.09.24 08:12

>のぶ様
どもこんにちは☆
お楽しみ頂けているようでうれしいです(^^)
実は私、撮影中はあまり深く考えてたかったりします(笑)
う〜んそうですねぇ…
植物の緑って、カメラ内蔵露出計がデフォルト値とする18%グレーに近いと言われてます。
なので、緑の部分を測光してそのまま撮影すれば結構良い結果が得られるのですが、緑の鮮烈さはちょっと抑えられるように思います。
このため、ちょっと露出オーバーで撮影することが多いですね。
今回の場合、日陰だったこともあり+1段ほど露出オーバーで撮影しています。
それからお花を見つけたときはすぐに撮らず、できるだけいろいろな角度からじっくり観察するようにしています。
マクロ撮影の場合、ほんの少し撮影位置が違うだけで写真の雰囲気がガラリと変わる場合がありますので。
うむむ…後はその場で適当に(笑)

投稿: すける | 2007.09.24 17:10

お返事ありがとうございますm(__)m
参考にさせていただきます。
なにしろ写真自体あまり経験がなく最近始めた駆け出しなので今は撮りまくってるところです。
写真用語も何となくわかってきたとこなので、いつかはこんなきれいなグリーンを撮れるようがんばります!

投稿: のぶ | 2007.09.24 20:03

>のぶ様
いえいえ。
じゃんじゃん撮影して楽しんでください。
私も撮影を始めた頃、一眼レフと50mm & 135mmレンズで撮りまくりました(^^;)

投稿: すける | 2007.09.24 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少し遅めに咲いて:

« 午睡の刻 | トップページ | 藪蔓小豆クルリ »