« 垂れ下がるんです | トップページ | 針のごとく »

2007.11.30

ひっさしぶりの*ist D

20071130nankinhaze

PENTAX *ist D / TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1 Model 272E

K10Dの導入以来、出番が極端に減ってしまった*ist Dを久しぶりに持ち出してみました。
う〜ん、シャッターを切ったのは半年ぶりくらいになりますかねぇ…ずっと防湿庫の肥やし状態でありました(^^;)
このblogでも、*ist D画像のアップは1年ぶりになりますですよ。

20071130yamazakura

PENTAX *ist D / TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1 Model 272E

「シャキーン」というシャッター音はやっぱ小気味よいですね。
ついついシャッターを切りまくってしまいます。

20071130hototogisu

PENTAX *ist D / smc PENTAX-A 50mmF1.2

うむむ…K10Dと比べちゃうと、さすがに全体的な処理速度の遅さとかが気になっちゃいますね。
特にバッファの小ささと書き込み速度のトロさには正直閉口。
背面液晶のサイズも「小さいなぁ…」と感じてしまいます。
慣れって恐ろしいものです(^^;)

20071130fuusentouwata

PENTAX *ist D / smc PENTAX-A 50mmF1.2

ま、私の撮影テンポもずいぶん変わっちゃったようです。
LXの頃は撮っては巻き上げて…でしたから、のんびりまったりしたものでした。
*ist Dに移行しても、まぁ撮影テンポはそんなには変化しなかったかな?と思ってます。
バッファフルで撮れない〜、なんてことはそんなにはありませんでしたし。

ですがK10Dがメインになって、知らず知らずテンポアップしていたのでしょうね。
今日も「あれ?シャッターが切れない」という事が何度もありました。
う〜ん、1枚1枚じっくり撮らなくなってるようです(^^;)
ちょっとよろしくないかも…

|

« 垂れ下がるんです | トップページ | 針のごとく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひっさしぶりの*ist D:

« 垂れ下がるんです | トップページ | 針のごとく »