« 「雅」に睡蓮 | トップページ | 暖色系 »

2009.07.03

マクロでHDR

20090703hdr_1

PENTAX K-7 / TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1 Model 272E / HDR

K-7には、同一シーンを標準・アンダー・オーバーの3コマを自動で連続撮影し合成するHDR (High Dynamic Range) 機能があります。
輝度差の激しい被写体や白い花などに効果的で、風景写真や天体写真では常套手段です。

私も以前から天体写真では、露出時間を変えた複数の画像を元にして、PhotoshopでHDRを行っていました(これとかコレとか)が…まさかマクロ撮影で使える日が来ようとは(笑)

20090703hdr_2

PENTAX K-7 / TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1 Model 272E / HDR

HDRを行う場合、同一シーンを複数の露出で数枚撮影する必要があります。
オートブラケットとは異なり、撮影後に画像を合成するため、カメラを三脚にしっかりと固定する必要があります。
K10Dなどでは露出を変更の時にどうしてもボディに触る必要があり、しかも設定変更している間に微かな風や撮影者自身の動きによる振動などで被写体の微かな移動が起こります。
このため、マクロでのHDR撮影はよほどの幸運が無い限り不可能に近いものがありました。

#Photoshopで正確な位置合わせを行えば、まぁなんとかなる場合もありますが。

20090703hdr_3

PENTAX K-7 / TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1 Model 272E / HDR

その点、K-7のHDR機能を使うと、カメラに触れることなく自動で露出時間を変更してくれます。
なので、3枚連続撮影する約1秒間、被写体が完全に静止してくれればOKです。
もちろんしっかりとした三脚でK-7を固定し、ケーブルスイッチかリモコンを使ってシャッターを切る必要はありますが。

20090703hdr_4

PENTAX K-7 / TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1 Model 272E / HDR

ってことで、人の視覚を超えた広ダイナミックレンジ写真がマクロでも使えるのは嬉しいですね。
比較的気楽に不思議な雰囲気の写真が撮れるのは嬉しいところであります♪

|

« 「雅」に睡蓮 | トップページ | 暖色系 »

コメント

きりりとしたコントラストがマクロの楽しみの一つですが、
このぺたこーんとしたフルフラット画像も面白いですね^^
Sukeruさんには夜の花(というとなんかH)のHDRをお願いしたいっ♪

投稿: Tongchai | 2009.07.03 22:12

>Tongchai様
そうなんですよ、すごく面白いです♪
マクロではあまり行われていない(というか、これまでのカメラでは難しすぎる)表現かと
思いますが、K-7ですとあっけなく撮れてしまいます。

………よ…夜の花っ!?(汗)
こりゃまた超高難度な宿題だぁあああ!!(笑)
チャレンジしてみますので、しばしお待ちを(^^;;;)

投稿: Sukeru | 2009.07.04 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マクロでHDR:

« 「雅」に睡蓮 | トップページ | 暖色系 »