« 水の上で咲く | トップページ | 早乙女蔓白く »

2009.08.13

射手座☆午後九時

20090813sageittarius1

PENTAX K-7 / smc PENTAX-DA★ 55mmF1.4 SDM / Vixen GP2 Guide Pack

F1.4 30sec ISO:3200 RAW 2009/08/13/21:02 / Composite of 4 images / Retouch

いや〜、ようやく晴れました!
K-7を入手後、この日をどれだけ待ちわびたか…
ただ、ちょ〜っと風が強かったので、今回はDA★55mmF1.4オンリーで射手座付近を狙ってみました。

F1.4開放、ISO3200で30秒間露出したものにダーク補正して4枚重ねしております。
K-7では長秒時NRも高感度NRもオフです。
どんなもんでしょうかね?

20090813sageittarius2

モノクロ反転画像です。
天の川や星雲の淡い部分まで結構捉えていると思うんですけどね〜。

20090813sageittarius3

干潟星雲M8周辺を等倍切り出し(笑)
まぁノイジーなんですが、55mmで撮影したもを等倍で見てるわけですからねぇ。
これでさらに画像処理で追い込めば、結構いけるんじゃないかな〜?と思うのですが。

20090813sageittarius4

レベル補正をちょいといじってみました。
コンポジットしてるとはいえ30秒露光でこれだけいければ、個人的には楽しめそうな予感。

ステライメージを使ってさらに処理すれば、なかなかなもんに仕上がるんじゃないかなぁ…なんて思ってます。

風が強くなければDA★200mmでもチャレンジしたんだけどなぁ…残念。

|

« 水の上で咲く | トップページ | 早乙女蔓白く »

コメント

K-7での星の作例は初めて拝見しました。

長時間の露出は厳しそうですが、ある程度の高感度で短時間撮影してコンポジットする、というやり方なら結構いけそうですね。
とても参考になりました。

投稿: ich | 2009.08.18 05:50

>ich様
どもこんにちは。
デジカメで高感度&長時間露光した時、まだら状に縞ノイズが出やすいかと思いますが、K-7は意外なほど少ないんですよ。
おかげで、ノイズを押さえ込むという作業がほとんど必要ありません。
また、ダイナミックレンジが広めなので、画像処理をしても粘ってくれます。
この画像や27日の画像は、ほとんど撮って出し画像をコンポジットしただけなのですが、その後いろいろ処理を試みてみました。
今夜あたりアップできるかと思いますので、そちらも参考にしていただければ、と思います。

投稿: Sukeru | 2009.08.18 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 射手座☆午後九時:

« 水の上で咲く | トップページ | 早乙女蔓白く »