« 露草の青 | トップページ | 雲ちょっとある青い空 »

2009.08.23

はくちょう座の散光星雲

20090823namerica

PENTAX K-7 / smc PENTAX-DA★ 200mmF2.8ED [IF] SDM / Vixen GP2 Guide Pack

F2.8 120sec ISO:1600 RAW 2009/08/12/23:00 / Composite of 4 images / Retouch

はくちょう座にはド派手な散光星雲がたくさんあります。
肉眼ではほとんど見ることはできませんが、写真撮影すると、その華麗な姿が浮かび上がってきます。

まずは北アメリカ星雲NGC7000と、西海岸?に広がるIC5067。
一番明るい星は、夏の大三角の一角、はくちょう座α星デネブです。
角度がちょっとイマイチだったので、北アメリカというよりゾウさんですね(^^;)

双眼鏡で目をこらしてみたのですが、まったく分かりませんでした。
でも、空の条件の良いところなら、肉眼で見ることができるのだとか。

20090823ic1318

PENTAX K-7 / smc PENTAX-DA★ 200mmF2.8ED [IF] SDM / Vixen GP2 Guide Pack

F2.8 120sec ISO:1600 RAW 2009/08/12/23:24 / Composite of 4 images / Retouch

はくちょう座γ星付近にどば〜っと広がる散光星雲IC1318です。
コントラストをかなりきつめにしています。
双眼鏡ではまったく見えません。
中央右上の小さな星の集まりは、ささやかな散開星団M29でしょうか。
星が多すぎて何がなにやらなんですが(^^;)

20090823m27

PENTAX K-7 / smc PENTAX-DA★ 200mmF2.8ED [IF] SDM / Vixen GP2 Guide Pack

F2.8 120sec ISO:1600 RAW 2009/08/12/23:45 / Composite of 2 images / Trimming & Retouch

ついでに撮影した、はくちょう座の頭部横、こぎつね座の惑星状星雲M27「亜鈴星雲」です。
青白い姿が可憐です。
双眼鏡でもぼんやりとした姿を捉えることができるのですが、さすがにこのような色や形には見えませんね。

3枚目を撮ろうとしたところ、一気にガスってきちゃいました。
気がつくと服も髪もしっとり(^^;)
ついでに10箇所ほど蚊に刺されてましたよ(涙)

20090823istella

iステラで見た星雲の位置です。
さすがに北アメリカ星雲などは表示されないみたいですね(^^;)

-----

天体写真には向かないと言われているK-7ですが、なかなかどうして、健闘していると思います。
というか、カラーノイズが絶妙に抑えられているので、かなり無茶な画像処理をしても破綻しにくい印象です。

次は良い場所見つけて星景写真に挑戦します(^^)v

|

« 露草の青 | トップページ | 雲ちょっとある青い空 »

コメント

よく撮れてますね。
K-7も頑張ってますが、DA★200mmはさすがに写りが良いですね!
私も北アメリカ星雲は写真レンズで撮影してみましたが、大昔のM200mm/F4なので盛大に青滲みが発生してしまいました。
良いレンズが欲しいです。

投稿: ich | 2009.08.26 22:48

>ich様
どもありがとうございます☆
この日は大気の状態がイマイチで、かなり星が揺らいでました。
それでもblogやA4サイズのプリントではなかなかな星像になったかと思います。
DA★200mmF2.8は、ほんと良いレンズですよ~♪
花撮影から星撮りまで、オールマイティーに活躍してくれます。
K-7は、バルブにするとISO1600までに制限されてしまいますが、これが意外に良いような印象です。
長秒時NRによりカラーノイズが絶妙に抑えられ、画像処理がしやすいんですよ。
ポタ赤と写真レンズでの撮影ならば、K-7もなかなかなカメラではないかと思います。

投稿: Sukeru | 2009.08.27 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はくちょう座の散光星雲:

« 露草の青 | トップページ | 雲ちょっとある青い空 »