« 春らしく | トップページ | 風が強くても »

2010.04.06

smc PENTAX-DA 50-200mmF4-5.6ED WRふぁーすとらいと♪

20100406da50_200_1

PENTAX K-7 / smc PENTAX-DA 50-200mmF4-5.6ED WR

DA50-200mmWRは、PENTAXのキットレンズDA 18-55mmF3.5-5.6AL WRとペアを組む、ダブルズームの望遠側担当レンズです。
評判の良かった初代DA50-200mmの光学系はそのままに、簡易防滴化とデザインを変更したリニューアルモデルですね。

ちょうど旅行に持って行くための、できるだけコンパクトな、でも写りはなかなかな望遠レンズが欲しいなぁ…と思ってまして、フィルター径49mmという数字を見たとたんにポチりました(笑)

20100406da50_200_2

PENTAX K-7 / smc PENTAX-DA 50-200mmF4-5.6ED WR

このレンズ、長さはD FA Macro 100mmWRやDA18-250mmと同じくらいで、太さはちょうど中間です。フォーカスは前群繰り出し型のオーソドックスなモデルで、Quick-Shift Focus Systemも搭載。もちろん距離目盛りも刻まれてます。
でもってキットレンズに多いプラマウントではなく、しっかり金属マウントなのもなんか嬉しいです。
さらには専用フードも付属しまして、PLフィルター操作窓までついてますよ。

これに簡易防滴構造や汚れに強いSPコーティングまで。
PENTAXは手を抜かないですね、ホント。

20100406da50_200_3

PENTAX K-7 / smc PENTAX-DA 50-200mmF4-5.6ED WR

写りについては初代の画像がネット上にごまんとありますので、そちらを参照してください(^^;)

今日は時間的なゆとりがほとんど無かったので、ちょちょいとしか撮ってないのですが、写りは普通に良いです。

絞り開放ではさすがに周辺減光が目立ちますし、ワイ端では甘さも見られます。
歪曲もまぁぼちぼち。
でも、DAらしくコントラストが高いので、実写では意外に良い感じなんですね。
1段から2段絞るとワイ端でもキリリとした描写となります。
テレ端は、このサイズと価格を考慮してもなかなかにすげぇ写りです。

20100406da50_200_4

PENTAX K-7 / smc PENTAX-DA 50-200mmF4-5.6ED WR

最短撮影距離はズーム全域で1.1m。最大撮影倍率0.24倍と数値的には立派なものです。
ただ、やはりワイ端で寄れたらなぁ…とは思いますね。
50mmで撮影距離1.1mはちと遠いですよ。
なので、お花撮影ではテレ端中心になっちゃいます。
ま、テレ端近接撮影の描写もズームとしてはかなりのもの。さすがにボケは大きくないですけれどね。

20100406da50_200_5

PENTAX K-7 / smc PENTAX-DA 50-200mmF4-5.6ED WR

ってことで、旅行用の望遠レンズとしては最適な1本。
今年はいろいろなところに連れ出しますですよ♪

|

« 春らしく | トップページ | 風が強くても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: smc PENTAX-DA 50-200mmF4-5.6ED WRふぁーすとらいと♪:

« 春らしく | トップページ | 風が強くても »