« 甘〜い香りに誘われて… | トップページ | Topaz DeNoise5 »

2010.10.19

ハートレー彗星とM38

20101019hartley
PENTAX K-5 / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100mm ZK / Vixen GP2 Guide Pack
F2 30sec ISO:1600, 3200, 6400, 12800 JPEG 2010/10/19/03:08 / HDR / Retouch

ハートレー彗星(103P)とぎょしゃ座M38散開星団です。

一番明るい星がぎょしゃ座α星カペラ、その上にある緑色のもわぁとしているのがハートレー彗星、画面右中央付近にある星の集まりがM38です。
右上隅近くには赤いIC405散光星雲もわずかに確認できますね。

当日はわずかに薄雲が広がっていて少し残念な星空でしたが、ようやく…本当にようやくK-5の高感度で星を狙うことができました。
なんせK-5のキャッチコピーは「開眼、ISO51200。」ですもんね☆

ISO感度を変えて撮影した、K-5撮って出しJPEG画像を縮小したものです。
ホワイトバランスはコマによりばらつきがないよう、プリセットの太陽光にしています。

20101019hartleyiso1600
ISO1600

20101019hartleyiso3200
ISO3200

20101019hartleyiso6400
ISO6400

20101019hartleyiso12800
ISO12800

20101019hartleyiso25600
ISO25600

高感度になるにつれ、薄雲と街の明かりの影響がもろに出てしまっていますね。 ISO51200でも撮りましたが画面は真っ白でした(^^;) キャッチコピーの威力は確認できずで残念無念。

ちなみにノイズリダクションはオートで撮影しています。
K-5のNRはかなり優秀で、微光星を潰すことなくノイズだけをうまく処理している印象です。
撮影時間も30秒ですので、待ち時間もあまり気にならないですね。

もちろんNRをOFFにしてダーク処理&コンポジットすれば、さらに良い星像が得られる可能性があります。

今回もダーク処理やコンポジットにも挑戦したかったのですが、これらを撮影した直後から急速に雲が広がりはじめまして、双眼鏡でもハートレー彗星の確認が困難になってしまいました。
これらの作業ままたの機会に…

…にしても…わずか30秒の露光でここまでできるか!!と驚きましたですよ。

|

« 甘〜い香りに誘われて… | トップページ | Topaz DeNoise5 »

コメント

感度を上げていっても、単に露出時間を伸ばしたような感じですね。すごいなぁ。

この彗星、軌道が星の賑やかなところを通るので、絵になりそうなチャンスも多いですね。
当地は天気が悪くてさっぱりです。もっとも、これで好天続きだったらK-5がとっくに手元にあるでしょうけど。(笑)

投稿: ich | 2010.10.19 22:59

>ich様
まさか感度別天体画像でHDRする日が来るなんて思いもよりませんでした(^^;)
本当に驚きの連続ですよ♪
ハートレー彗星の軌道は良い感じですよね。まもなくぎょしゃ座のメシエ散開星団とのランデブーです。
ちょ〜っとお月様の光がアレですが(^^;;;;)

…まぁこちらもしばらくは曇り空の日々みたいですが…

投稿: Sukeru | 2010.10.20 00:16

はじめまして。素晴らしい像ですね。Makro-Planarは開放でお使いですよね。K-5の高感度特性とこのレンズの組み合わせ、手軽に天体撮影する最強のツールかもしれません。また作品、見せてください。楽しみにしています。

投稿: nbmyzk | 2010.10.21 13:02

>nbmyzk様
はじめましてこんにちは☆
Makro-Planarは絞り開放から素晴らしい写りですよ。
すこ〜し周辺減光は見られますが、周辺域まで星の形が崩れませんし。
K-5の超高感度との相性も抜群ですね。
こうなると、さらに良い星空を求めてしまいそうです(^^;)

投稿: Sukeru | 2010.10.21 20:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17370/49789360

この記事へのトラックバック一覧です: ハートレー彗星とM38:

« 甘〜い香りに誘われて… | トップページ | Topaz DeNoise5 »