« 白に紫 | トップページ | 忍冬一輪 »

2011.05.16

一見地味な変化ですが…iPad2

20110516ipad1
PENTAX K-5 / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100mm ZK

先日届いたばかりのiPad2ですが、プライベートにお仕事にフル活用しております♪

初代iPadに比べ、一見すると大きな違いのないiPad2ですが、なかなかどうして中身はめっちゃ変わってますね。

両手の平に2台を載せてみても、ちょいと軽くなってるなぁ…くらいな感じですが、実際に作業する状態で持ってみるとずいぶんと軽く感じます。薄く平らな背面が効いてるのでしょうか。

20110516ipad2
PENTAX K-5 / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100mm ZK

様々なスイッチ類は、本体の丸みに合わせて斜めにセットされてます。
実は当初、斜めになっている事に気付かず「押しにくいなぁ…」なんて思ってましたが(笑)

20110516ipad3_2

デュアルコアA5プロセッサとメモリ倍化の恩恵はかなりのものです。
例えばスクロールひとつをとっても、初代iPadではつまづくような動きをする場面もありましたが、iPad2では極めてスムース。

めちゃ快適です。

外部モニタへの出力も変わりました。
初代iPadはKeynoteなど特定のアプリでしか出力できませんでしたが、iPad2はホーム画面も含めて常時出力できる「ビデオミラーリング」を実現しています。
アダプタは必要ですが、普通のテレビにつなぐ事ができるのは大きいですね。
少人数の会議などでも威力を発揮しますですよ。

20110516ipad5

新たに搭載された2つのカメラは…お世辞にも良い画質とは言えません。動画向けでしょうか。
上の画像は背面カメラのファーストライト(^^;)
まぁこんなもんでしょ?って感じですね。
iPad2を被写体に向けてる撮影時のお間抜け感はなかなかですが(笑)

20110516ipad4
PENTAX K-5 / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100mm ZK

個人的にはフロントカメラが主役かな、と思います。そうですFaceTimeですね。
FaceTimeはiPhone4やMacでも使えますが、やはり好きなとこでゴロゴロしながら、それでいてある程度の画面サイズで会話できるのはiPad2ならでは。

WiFi環境はもちろん、EMOBILE接続でもアンテナ3本ならばほとんど途切れることもなく快適に会話可能です。
相方様曰く「FaceTimeがハイビジョン放送だとすると、DoCoMoのテレビ電話は受信状態のよくないアナログ放送」とのこと(笑)

ま、EMOBILE接続の場合、アンテナ2本になると途端にダメダメですが。ラグも5秒近くになることもあり、会話が成立しませんよ(^^;)

20110516ipad6
PENTAX K-5 / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100mm ZK

もっかの悩みはケースをどうしようか…というとこです。
通称「お風呂の蓋」iPad Smart Coverはさすがに純正品なだけあって、iPad2にめちゃ似合います。
ですが、背面はまったく保護してくれません。
初代iPad用のApple iPad Caseなら全体を覆うことができたのですが…
なのでとりあえずこのAppleiPad Caseに入れて使ってます…ガバガバですが(^^;)

ん〜、キズとか気にしなければいいだけなんですけどねぇ…
「どうせiPad3が出たら買っちゃうんだろうから、キズなんてきにしなければいいじゃん!」とは相方様の弁。
まぁそうなんですけどね(笑)

|

« 白に紫 | トップページ | 忍冬一輪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17370/51688369

この記事へのトラックバック一覧です: 一見地味な変化ですが…iPad2:

« 白に紫 | トップページ | 忍冬一輪 »