« むせるほどではないですが | トップページ | 斑模様に目を奪われて »

2011.10.04

ポータブルヘッドホンアンプ「FiiO E6」

20111004fiio_e6

PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited

撮影中や移動中もよく音楽を聴きます。
このような時、回りの音も聞こえるオープンエアなインナーイヤー型イヤホンを使ってます。
少し前まではSennhiser MX780を使ってましたが…残念ながら断線してしまったのでMX880にチェンジしました。
ただ、このタイプは音漏れしやすいので、人の多い場所などではあまり音量を上げることができません。
でもって音量を下げると低音がすっかすかになりやすいんですよね…

そこで導入したのが中華なオーディオガジェット「FiiO E6」です。
ベストセラーとなったE5の後継機。
スイッチ類は操作しやすいものに変更され、イコライザー機能は低音ブースト系セッティングを中心に、フラット、EQ1(低音+6dB)、EQ2(低音+3dB)、EQ3(全域-3dB、ラインアウト用)の4段階がプリセットされています。
詳細なレビューはこちらを参考に…

高級なイヤホンだとバランスが崩れて逆効果になってしまうのですが、そこそこのイヤホンだとなかなか良い感じかと。
EQ1はさすがに低音ブーストし過ぎな感じですが、EQ2だとなかなか良い感じです。
この安価なアンプに安価なイヤホンをつなぎ、ちょっと上な音質にする…という組み合わせ探しに燃えそうです(笑)

でもってボリュームコントローラー兼イコライザーだと割り切れば悪くない…と思いますです。

FiiO E5は当たり外れが結構あったみたいですが、E6はどうでしょうね?
少なくともうちの個体は当たりでした( ´ ▽ ` )ノ♪

|

« むせるほどではないですが | トップページ | 斑模様に目を奪われて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポータブルヘッドホンアンプ「FiiO E6」:

« むせるほどではないですが | トップページ | 斑模様に目を奪われて »