« 雲の中を | トップページ | 国道脇の白 »

2012.09.19

一気に咲き誇り

20120919tele1

PENTAX K-5 / smc PENTAX-A☆ 600mmF5.6ED [IF]

少し留守にしていた間、ヒガンバナが一気に咲き誇っていました。
目に眩しい真紅ですね( ´ ▽ ` )ノ

20120919tele2

PENTAX K-5 / smc PENTAX-A☆ 600mmF5.6ED [IF]

日陰でもひっそり咲いてます。
この場所ではたくさんの蕾がニョキニョキでした(^^;)

-----

PENTAXが新レンズシリーズ「HD PENTAX」を打ち出しましたね。

高性能マルチコーティング「HDコーティング」の採用とホワイト鏡胴&赤リングな外観。
その第1弾が「HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW」です。
このレンズ、防塵・防滴構造(All Weather, AW)まで装備してますが、PENTAXの高性能レンズの称号「☆」は付いてないんですよね。やはりF5.6と暗いためでしょうか?

HDコーティングは従来のsmcと比べ、反射率が半減し波長による反射率のばらつきも少なくなっているとか。表面が超微細凸凹なエアロ・ブライト・コーティングに近い性能を一般的なマルチコーティングで実現しているのですね。とんでもなく凄い技術です。
でもまぁ、これまでのsmcもかなりかなりなものだったわけで、実写における差はあまり大きくないように思いますケド(^^;)

HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AWはsmc PENTAX-A☆ 600mmF5.6ED [IF]の現代的なリニューアルといったところでしょうか?価格も似たような感じになりそうです。

DA560mmは天体望遠鏡的なレンズ構成(6群7枚)とし、全長が521.7mmにもなっています。
バズーカ砲のようなA☆600mm(7群9枚、386mm)よりもさらに長くなり、正直なところ移動とか取り回しとかめちゃ大変そうですよ…
でも、(HDコーティングもありますが)レンズ枚数が2枚も減ってるため、A☆600mmを上回るヌケの良さが実現されてそうですが。
本体重量は3,040g。このクラスとしてはやや軽い方でしょうか。

最短撮影距離は5.6m…天体望遠鏡的なレンズ構成と言い、近接撮影能力はほとんど切り捨て、超望遠最大のウリ「近寄れないものを引き寄せて撮る」に全力全開で特化していますね。
個人的にはあと1m寄れると嬉しいのですが(笑)

20120919tele3

PENTAX K-5 / smc PENTAX-A☆ 600mmF5.6ED [IF]

はてさて「HD PENTAX」シリーズは今後どのように展開していくのでしょうか?
楽しみです♪

|

« 雲の中を | トップページ | 国道脇の白 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一気に咲き誇り:

« 雲の中を | トップページ | 国道脇の白 »