« 蛍光色のような | トップページ | ぽつりぽつりと »

2012.11.28

Kindle Paperwhiteを使ってみました

20121128kindle_pw
PENTAX K-5 II s / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100mm ZK

amazonの電子書籍リーダーkindle PaperwhiteのWiFiモデルを1週間ほど使ってみました。

20121128kindle_2

大きさちょうど良い感じ。重さは…これまでiPadを使っていたので、最初はめっちゃ軽い!と感じたのですが、しばらく使っているとやっぱりちょっと重いかな?と。文庫本1冊分くらいの重さだと嬉しいのですけどね(笑)
背面部はラバーコートされているため、手を滑らせてしまうことも少ないです。
ただ、ちょっと手の脂が目立ちやすいので、気になる方はケースを購入された方が良いかもですね。

モノクロのE Inkディスプレイはまさに紙。
届いた時は冗談抜きで紙が貼ってあると思いました(笑)
通常の液晶ディスプレイのように、視野角がズレると見えにくくなることもありません。
ディスプレイ表面はザラザラとした低反射タイプ。映り込みもなく快適に読書できます。

ディスプレイの照明はバックライトではなく本体下部にあり、そこから全体を照らします。このため、ディスプレイを明るくすると、下方にやや照明ムラができますね。暗いところで読書するならともかく、日常的な部屋の明るさに合わせてディスプレイ輝度を調整すればこのムラもほとんど気になりません。明るい部屋ならば輝度を最低にしても、少し黄色味のある紙といった雰囲気で十分読めますよ。

ですが、まったく問題がないわけでもありません。ディスプレイの反応が悪く、ページをめくる瞬間、一瞬ですが画面が暗転したりすることもあります。ページめくりの時、紙をめくるようなアニメーションもありません。最初はちょっと気になりましたが…読書を進めていくうちに気にならなくなりました(^^;)
それでも写真集やコミックスだと、ページの書き換えがかなりうざったく感じます。
このあたりはカラー液晶のKindle FireかiPadの方が良いと思います。

WiFi接続は、無線ルーターの機種によってはパスワードを入力するだけですんなりと繋がるものもあれば、IPアドレスなどを入力しないと繋がらないものもあったりします。自宅のものは一発でつながりましたケド、仕事場のものはダメダメでした。このあたりはファームウェアのアップデートで改善して欲しいですね。

WiFi接続していると、読んだページの情報を他の端末にも送ることができます。
読書中の本をiOS版Kindleアプリで開くと、読んだところから表示してくれたりします。
いやはや、読みたい時に手元にある端末で読めちゃうわけで、これはすんごく便利ですよ。

WiFi接続をすると体験版ですがWebブラウザが使えます。まぁおまけなので過度の期待は禁物です。画面表示は遅い、スクロールはもたつく…拡大縮小なんて使いたくないほど。ディスプレイの反応が悪いだけでなく、本体のCPUもかなりトロいですね。

バッテリの持ちは8週間(WiFiオフ、ライトの輝度は中間、1日30分読書)とのことです。今回はWiFiは常時オン、ライトはいろいろ、読む時はがっつり、という感じで…1週間でバッテリゲージの2/3を消費といったとこでした。iPadなどと比べると圧倒的に長時間使えますからまぁ十分ですよね。

もちろん良いことずくめではありません。
ページ移動が章ごと、ページナンバー入力、最初か最後のページしかありません。
Kindleアプリにはスクロールバーが表示され、だいたいこのあたりに…とジャンプできるんですけどねぇ…
一番参ったのは、ごくごく稀にページをすっ飛ばしてページめくりされることがあることでしょうか。おかげで特定のページが読めないことに。
amazonのトラブルシューティングには再起動で大丈夫と書かれているのですが、それでもダメな事がありました。まぁ今回はiPad版Kindleで読みましたけど(笑)
このあたりもファームウェアアップデートで対応して欲しいですね。

まだ8冊しか購入していませんが、文庫本などは今後kindleばかりで購入しそうですよ( ´ ▽ ` )ノ

|

« 蛍光色のような | トップページ | ぽつりぽつりと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17370/56210899

この記事へのトラックバック一覧です: Kindle Paperwhiteを使ってみました:

« 蛍光色のような | トップページ | ぽつりぽつりと »