« 今年は少し遅めかも… | トップページ | SIGMA dp2 Quattro雑感 »

2014.06.28

SIGMA dp2 Quattro: First Light

20140628sigma_dp2_quattro_1

PENTAX K-3 / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100mm ZK

SIGMAが誇る世界で唯一の「垂直色分離方式」を採用したFoveon X3ダイレクトイメージセンサーQuattroを搭載した「SIGMA dp2 Quattro」です。

Foveonセンサーには以前からとても興味を持っていたのですが、少し感度を上げるとすぐにノイジーになってしまう(構造上、高感度には強くないんですよね)こと、カメラの操作性やレスポンスがイマイチ過ぎることなど、まだまだ発展途上なカメラでした。当たればとてつもなくシャープなすんごい画像を出力してくれるものの、外れも多いという印象で敬遠してました。

ですが「SIGMA dp2 Quattro」はそのあたりをかなり改善してきている模様。SIGMA山木社長のとても楽しそうなツイートも購入の大きな後押しになりました(笑)

20140628sigma_dp2_quattro_2

PENTAX K-3 / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100mm ZK

SIGMA dp2 Quattroはデザインも凄く斬新です。長方形のコンデジに一眼レフ用レンズとバッテリー内蔵のグリップをいかつく合体させたような感じでしょうか(笑)
白状しますと、このデザインに一番惚れましたw
さすがに直線的なデザインなので、最近の一眼レフのようなグリップ感ではありませんがとてもホールドしやすいです。操作ボタンも右側に集中しているためグリップしつつ親指でほとんどの操作が可能です。

20140628sigma_dp2_quattro_3

PENTAX K-3 / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100mm ZK

本体側面にはラバー製のフタがあり、それを開くとSDカードスロットとUSB端子があります。
ん〜、正直なところラバー製のフタってどうなんでしょうね、耐久性や強度的に。時間経過とともにもろくなり割れたりちぎれたりしそうな気もしますよ。
また、このUSB端子はケーブルレリーズスイッチCR-31用の端子でもあります。このため、ケーブルレリーズを使う時はSDカードもむき出しになるんですよねぇ…まぁPENTAX Optio Xなんていうカードむき出しフタすらないカメラもありましたネ(笑)

20140628sigma_dp2_quattro_4

PENTAX K-3 / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100mm ZK

さすがにレンズ本体部はでっかいです。ですが前玉はかなり小さいですね。コンデジには一般的なレンズ保護シャッターはありません。前玉の後ろに電源OFF時に光の侵入を防ぐシャッターがついてますね。

マニュアルフォーカスでのピント合わせはなかなか快適です。ボタン一発で液晶モニタ像が拡大できるのも嬉しいところ。ただ、快晴のもとでは液晶画面が見づらいです。このあたりは調整とかいろいろ追い込む必要もあるかもですね。

20140628dp2q_1s

SIGMA dp2 Quattro

flickr: Original JPEG File

カメラが出力したJPEGファイルです。カラーモードは「スタンダード」ですがかなり鮮やかな印象です。
オリジナル画像をflickrにアップしておきましたのでご覧下さい。等倍で見るとさすがの解像ですね。

20140628dp2q_2s

SIGMA dp2 Quattro / SIGMA Photo Pro 6.0.1

flickr: Original JPEG File

こちらはSIGMA Photo Pro 6.0.1 MacでRAW現像したものです。
パラメーターは初期設定のまま。

実際に撮影していると、シャッタースピードの上限(最高1/2000で絞り値により変動します)が気になりますね。
特に開放F2.8で撮影しようとすると1/1250が上限です。絞らない場合はNDフィルターが必要になりそうです。

20140628dp2q_3s

SIGMA dp2 Quattro

flickr: Original JPEG File

ほぼ最短撮影距離での絞り開放手持ち撮影です。
ん〜、ちょいと像が甘めですかねぇ…

SIGMA dp2 Quattroの最短撮影距離は28cm。マクロレンズではないフツーなレンズなので十分な性能…なのですが…それでもお花撮影などではもうちょっと寄れたら…という場面が多々。
ぜひともこの光学系にマッチした専用クローズアップレンズを出して欲しいところです。

20140628dp2q_4s

SIGMA dp2 Quattro / SIGMA Photo Pro 6.0.1

flickr: Original JPEG File

カラーモードを「ビビッド」にし、ちょっと露出をアンダーにしてRAW現像です。

本日の午前中に50枚ほど撮影したところ、バッテリーゲージはフル充電から1/4ほど消費。
やはりバッテリー消費は激しいですね。

20140628dq2q_pp6

SIGMA Photo Pro 6は…あくまで個人的な感想ですが、インターフェースがごちゃごちゃしまくりです。いじることができるパラメーターが多いのは良いのですが…Lightroomが至高とは決して思いませんけど、モードを切り替えることでインターフェールをシンプルにしてますよね。このあたり、もうちょっとPhoto Proもがんばって欲しいなぁ…と。また、現像にはちと時間がかかりますね。

いろいろ書きましたけれど、撮っててめっちゃ面白いな〜とニヤニヤしてしまいます(笑)
しばらく使い込んでみますですよヽ(^▽^)ノ


ってことで正真正銘のファーストライト、ファイルナンバーDP2Q0001(笑)

20140628dp2q_5s

SIGMA dp2 Quattro / SIGMA Photo Pro 6.0.1

|

« 今年は少し遅めかも… | トップページ | SIGMA dp2 Quattro雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SIGMA dp2 Quattro: First Light:

« 今年は少し遅めかも… | トップページ | SIGMA dp2 Quattro雑感 »