« SIGMA dp2 Quattro:高感度撮影 | トップページ | PENTAX K-3ファームウェアバージョン1.10が公開。新機能「回折補正」を試してみる »

2014.07.09

SIGMA dp2 Quattro:モノクローム

20140708komainu_1s

SIGMA dp2 Quattro / SIGMA Photo Pro 6.0.2

flickr: Original JPEG File

SIGMA dp2 Quattroの解像感はモノクロでも良い味を出してくれます。
モノクロ専用デジカメ「ライカMモノクローム」はカラーフィルターを無くすことで高解像にしていますが、Foveonセンサーは最初から高解像ですし☆

20140709spp_mono

SIGMA Photo Pro 6.0.2は「モノクローム」モードを備え、各種補正の他にカラーフィルターをかける感じの「カラーミキサー」、粒子感を出す「フィルムグレイン」、周辺減光を作り出す「周辺減光効果」、写真全体のトーンを作り出す「調色」などのパラメーターが準備されています。

ただ、SPP自体の処理速度が遅いので、ちょっといらつきますね(笑)
また、できれば各種白黒フィルムをシミュレーションするプリセットも欲しいところです。

20140708komainu_2s

SIGMA dp2 Quattro / SIGMA Photo Pro 6.0.2 / Adobe Photoshop CC 2014 / Google Silver Efex Pro 2

flickr: Original JPEG File

なので今のところはSPPでカラーのままRAW現像し、Silver Efex Proでモノクロ化させる方が気楽かな?と。ここまで強力なモノクロツールをSPPに求めるのもどうか…と思います…

20140708komainu_3s

SIGMA dp2 Quattro / SIGMA Photo Pro 6.0.2 / Adobe Photoshop CC 2014 / Google Silver Efex Pro 2

flickr: Original JPEG File

個人的にはFoveon X3センサーが出力するX3FファイルをRAW現像できるソフトが増えることが嬉しいです。ただ、かなり特殊なファイルですし…本家のSIGMAでさえ苦労しているみたいですからねぇ…

|

« SIGMA dp2 Quattro:高感度撮影 | トップページ | PENTAX K-3ファームウェアバージョン1.10が公開。新機能「回折補正」を試してみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SIGMA dp2 Quattro:モノクローム:

« SIGMA dp2 Quattro:高感度撮影 | トップページ | PENTAX K-3ファームウェアバージョン1.10が公開。新機能「回折補正」を試してみる »