« SIGMA dp2 Quattro雑感 その6 | トップページ | foxfotoさん作 SIGMA dp2 Quattro専用「FLH-2Q01 つけっぱなしフード」 »

2014.08.04

SIGMA dp2 Quattroのマニュアルフォーカス

20140804dp2q_1

SIGMA dp2 Quattroは、当然のことながら(?)マニュアルフォーカスできます。
ただ、私はあまり良い印象を持ってませんでした…

マニュアルフォーカスにすると液晶画面にスケールバーが表示され、現在の距離と被写界深度が分かるようになっています。

(あ、液晶画面の撮影はローパスレスなPENTAX K-3、しかも手持ちでちょいちょいっと撮ったものです。実際はこんなモアレはでませんですよ、当然の事ながら^^;)

フォーカスリングの感触はオートフォーカスレンズとは思えない滑らかさ。個人的にはもうちょっと重い方が好みですけれど。

20140804dp2q_3

マニュアルフォーカス中にOKボタンを押すか、シャッター半押し中にフォーカスリングを回すと拡大表示されます。この画面は標準の8倍表示。
表示画像を奇麗に見せるためか、ちょっとアンチエイリアスがかかり過ぎている印象です。
個人的にはコレがイマイチでした。ピントが合っているかどうかが分かりにくいんですよね…

20140804dp2q_2

ダイヤルを回すと4倍にすることもできます。4倍くらいの方がピント合っているかどうか分かりやすいかも?(^^;)

あ、拡大されるポイントはオートフォーカス時に設定したフォーカスフレームとなります。

え〜、白状しますと、意外にマニュアルフォーカスしやすいし、画面でも分かりやすいんじゃない?と思いました(笑)
確かに8倍だとアレですけれど室内くらいの明るさならピントが合っているかどうか結構分かりますね。もちろん4倍は良い感じ。

ん〜、フィールドで使った時はイマイチ過ぎたのですが…やはり液晶の明るさの問題が大きいですかね〜?
液晶フードが必要????

|

« SIGMA dp2 Quattro雑感 その6 | トップページ | foxfotoさん作 SIGMA dp2 Quattro専用「FLH-2Q01 つけっぱなしフード」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SIGMA dp2 Quattroのマニュアルフォーカス:

« SIGMA dp2 Quattro雑感 その6 | トップページ | foxfotoさん作 SIGMA dp2 Quattro専用「FLH-2Q01 つけっぱなしフード」 »