« Kenkoメタルフード | トップページ | SIGMA dp2 Quattro雑感 その6 »

2014.08.01

SIGMA dp2 Quattro雑感 その5

20140801dp2q_1

PENTAX K-3 / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100mm ZK

SIGMA dp2 Quattroでいろいろ撮ってみた自分用メモです。

dp2Qのボタン類は非常によくまとめられていて、右手だけでほとんどの操作ができちゃいます。
ただ、十字キーの左右ボタンには機能が割り振られてないんですよね。
ユーザーが任意の機能を割り当てできるファンクションボタンとして活用できたりすると嬉しいですね。

20140801dp2q_2

PENTAX K-3 / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100mm ZK

dp2Qはとにかく独特なデザイン&サイズです。
このため、ぴたりと収納できるバッグがないんですよね(^^;)
私はKataの小型トルソーバッグに入れているのですが、これだとぎゅうぎゅうです。
で、出し入れしているとまれにバッテリーのフタが開いちゃうことがありました。
実はフタの開閉レバーの高さが本体底面とほぼ同じになってるんですよね…なので、何かの拍子にレバーが動きやすいようです。
うっかりするとフタのヒンジ部が折れてしまうかも?なんて考えてしまいますよ。
ちょっとしたことですが、ぜひ改良して欲しいなと思いますね。

20140801dp2q_3

SIGMA dp2 Quattro

そうそうは起きないのですが…「うひゃひゃ(笑)」となってしまうのがFoveonセンサー特有な緑かぶり。
極端な逆光状態の被写体や強い光源がフレーム内にある場合、シャドー部分で出やすいみたいですね。

20140801dp2q_4

SIGMA dp2 Quattro / SIGMA Photo Pro 6.0.4

もちろんSIGMA Photo Proである程度なら補正できますし、緑かぶりはこれはこれで面白いデス。
緑かぶりするかも?という状況はある程度なら予測できますしね。

20140801dp2q_5s

SIGMA dp2 Quattro + Kenko Zéta EX Circular PL Filter / SIGMA Photo Pro 6.0.4 / SILKYPIX Developer Studio Pro 6.0.10.0

flickr: Origainl JPEG File

うむむむ…と思うのは、快晴下の明るい場所だと背面液晶モニターがめっちゃ見づらいことでしょうか。
各種情報も読み取りづらいです。
上の画像とか、うっかりISO200のまま撮ってます(これは私がへっぽこなだけですね^^;)
別売ビューファインダーの出番なのでしょうけれど、あくまでフレーミングするためだけのものですからねぇ…

個人的には外付け電子ビューファインダーが欲しいところではありますが…
まぁ電子ビューファインダーがオプションとして使える他メーカーのカメラでも、実際に装着して撮影している方はめったに見ないですからね…SIGMAさんがたとえ準備しても、おそらく売れませんわなぁ…
その開発予算を別に回した方が良さそうですね、どう考えても(^^;)
あるいはdp2Q専用バッグを作るとか。

ーー

白状しますと、Foveonセンサーにめちゃはまっています。
Quattroセンサーを搭載した新しい一眼レフが出たら、マクロレンズと一緒に買ってしまいそうですよ(笑)

|

« Kenkoメタルフード | トップページ | SIGMA dp2 Quattro雑感 その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SIGMA dp2 Quattro雑感 その5:

« Kenkoメタルフード | トップページ | SIGMA dp2 Quattro雑感 その6 »