« 海霧と瀬戸大橋 | トップページ | 帝都の夕暮れ »

2014.08.19

SIGMA Photo Pro 6雑感 その4 シャープネス

20140819sharp_1

SIGMA dp2 Quattro / SIGMA Photo Pro 6.0.5

Sharpness Test

昨日の画像をSIGMA Photo Pro 6.0.5でRAW現像していた時、瀬戸大橋のワイヤー部分でやけにジャギーが目立ってたんですよね…

これってシャープネスが効き過ぎているのでは?と思い、ちょっと試してみたのが上の画像です。

左端がシャープネス最弱の-2.0、右端がSPPデフォルトの0.0です。
いかがでしょうか?
-2.0だとさすがに眠い感じですね。でも-1.5ですでにジャギーが出始めています。
以前、-1.0くらいがいいかな?と思っていたのですが、ワイヤーにはかなりのジャギーが出てしまいますね。

20140819sharp_2

SIGMA dp2 Quattro / SIGMA Photo Pro 6.0.5 / Adobe Photoshop CC 2014

Sharpness Test

この画像の左端と中央は上のものと同じ、右端はシャープネス-2.0の画像をPhotoshopでLabカラーにしてLチャンネルにだけアンシャープマスク(今回はくっきりしゃっきり100%)をかけたものです。
Labカラーのものはシャープネス-1.5とジャギーは同程度ですが画像全体のシャープネスは強烈(シャープネス0.0なみでしょうか)にかかっています。

被写体によってはこの方法が良いかもですね。
ちなみに昨日flickrにアップした画像はLabカラーによるアンシャープマスク処理をしています。

ん〜、なんだかSPP6の機能を最弱にしてばかりですね(^^;)

|

« 海霧と瀬戸大橋 | トップページ | 帝都の夕暮れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SIGMA Photo Pro 6雑感 その4 シャープネス:

« 海霧と瀬戸大橋 | トップページ | 帝都の夕暮れ »