« 街中のピンクとか | トップページ | 月齢 9.9 »

2014.09.03

SIGMA dp2 QuattroファームウェアVer. 1.02とSIGMA Photo Pro 6.0.6がリリース

本日、SIGMAからSIGMA dp2 QuattroファームウェアVer. 1.02とSIGMA Photo Pro 6.0.6がリリースされました。

SIGMAからSIGMA dp2 QuattroファームウェアVer. 1.02では

・Mモードのモニター表示において、露出結果を反映させるかどうかの選択ができるように機能の追加
・低輝度、低コントラストの被写体に対するAF合焦精度を向上
・カラーモードの「ニュートラル」において、赤系の被写体の色飽和を抑えディテールの再現性を向上させるパラメータの組み込み

とのこと。
Mモードのモニター表示において、露出結果を反映させるかどうかの選択は…どうして搭載しなかったの?という機能ではありますね(笑)
はい、デフォルトでONにしてみました。
AFは…ん〜、確かに良くはなった印象です。ただ、低輝度、低コントラストの被写体では合焦までちょっと時間がかかりますね。
カラーモード「ニュートラル」は明日にでもチェックしてみようかな?と思ってます。

SIGMA Photo Pro 6.0.6 for Macでは

・特定の被写体を撮影した画像の解像感を向上
・カラーモードの「ニュートラル」において、赤系の被写体の色飽和を抑えディテールの再現性を向上させるパラメータの組み込み
・カラー、モノクロームを問わず、現像保存したJPEGやTIFF画像がまれに複数重なって一つの画像になってしまうバグを修正
・スペイン語環境での表示文字の最適化

とのこと。特に1番目が気になりますよ。

20140903dp2q_1

SIGMA dp2 Quattro / SIGMA Photo Pro 6.0.4 & 6.0.6

まずは解像度の向上をチェック。左がMacBook Airに入れて放置(^^;)していた6.0.4で現像、右が新しい6.0.6で現像し等倍切り出ししました。パラメーターは同一です。アンテナの足場部分では確かに6.0.6の方が解像感がアップしていますね。でもその差はわずか。被写体によってはもっと違ってくるのでしょうか?気になるところです。

20140903dp2q_2

SIGMA dp2 Quattro / SIGMA Photo Pro 6.0.4 & 6.0.6

続いてカラーモード「ニュートラル」の比較。本来ならdp2QファームウェアVer.1.02との組み合わせがベストなのでしょうけれど…
左が6.0.4、右が6.0.6。6.0.6は明らかに赤の色合いが抑えられています。はい、とてもニュートラルな印象です。
ただ、赤をいじったため、全体的な発色、上の写真では特に緑色の部分もわずかに抑えられた色調に変化していますね。

SPP6.1の発表は伸びてしまいましたが、着実なマイナーアップデートを行うSIGMAさん。
まぁSPP6.0は正直βバージョンだと思うのですが、サポートチームはしっかりしてしてくれますね〜。
ますます気に入りました(笑)

|

« 街中のピンクとか | トップページ | 月齢 9.9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SIGMA dp2 QuattroファームウェアVer. 1.02とSIGMA Photo Pro 6.0.6がリリース:

« 街中のピンクとか | トップページ | 月齢 9.9 »