« PENTAX Kマウントロードマップが更新されましたね | トップページ | にゃん・にゃん・にゃん »

2015.02.15

リコーイメージング開発陣のインタビューについて

20150215penta_1
PENTAX K-7 / smc PENTAX-FA☆ 85mmF1.4 [IF]

Pentax Forumsが行ったCP+でのリコーイメージング開発陣へのインタビュー動画翻訳&書き起こし記事がデジカメinfoさんのところに掲載されてますね。とても興味深い内容ですよ☆

20150215penta_2
PENTAX *ist D / smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED [IF]

ロードマップの通りD FAレンズ群の拡充を急いでいるようです。ロードマップには載っていませんが、魚眼ズームも開発してるでしょうね(^^;)

20150215penta_3
PENTAX K-5 / smc PENTAX-FA 77mmF1.8 Limited

これに加えいくつかのFAレンズの再設計も計画しているとのこと。FA Limitedシリーズについては光学設計はそのままで、HDコーティング化かな?と想像します。やはりあのレンズ達をそのまま使いたい人が多いと思いますし。

20150215penta_4
PENTAX K10D / smc PENTAX-DA★ 55mmF1.4 SDM

DAレンズの一部が35mm判フルサイズ素子のイメージサークルをカバーしていることも認めていますね。各所で指摘されている通り、DA35mm(FA35mmをコンパクトにしたもの)、DA50mm(FA50mmF1.7をコンパクトにしたもの)、DA40mm、DA★55mm、DA70mm Ltd、DA★200mm(これの光学系はFA☆200mmそのまんまと言われてますね)、DA★300mm、DA560mmあたりかと思われます。記事から妄想するに、これらのレンズはそのまま販売され続け、クロップOn/Offをユーザーにゆだねるのでは?なんて思いますね。基本的にDAレンズは自動クロップ。リコーイメージングが35mm判フルサイズのイメージサークルをカバーすると認定した一部DAレンズはクロップOffにする…というメニュー選択肢も欲しいところですが。

追記:LOVE PENTAX?のD*isuke YAMAKAWAさんに教えていただいたのですが、DA560mmは35mm判イメージサークをルぎりぎりカバーしているようですが、とにかく周辺光量落ちがひどいようです…

20150215penta_5
PENTAX *ist D / smc PENTAX-FA☆ 85mmF1.4 [IF]

現在のロードマップにはズームレンズしか載っていませんが、間違いなく単焦点も準備していることでしょう。既存のレンズから考えて、まず間違いなくD FA★85mm F1.4は出してくるかと。ただ、中望遠の定番135mmや広角の定番28mmや24mmは…う〜ん、優先順位は低いかもですね。

20150215penta_6
PENTAX K-7 / smc PENTAX-A☆ 300mmF2.8ED [IF]

同様にフラッグシップレンズたるサンニッパも、軽量コンパクトを望むペンタユーザーにとっても優先順位はかなり低いかもです。
ただ、ボケのでかさは凄いですからねぇ…できることなら出して欲しいとは思いますが…

20150215penta_7
PENTAX *ist D / smc PENTAX-FA☆ Macro 200mmF4ED [IF]

D FA Macro 50mmのWR化はされると思いますが、Macro 200mmはよほどの余裕がない限りは出ないかも…実際、FA☆ Macro 200mmはFA☆の中で最も短命でしたしね…
ただ、APS-C + 100mmマクロの感覚に慣れた人用に150mmくらいのマクロレンズを出して欲しいなぁ…とも思いますけれど…まぁ無理でしょうね(^^;)

20150215penta_8
PENTAX K-3 / HD PENTAX-DA 20-40mmF2.8-4ED Limited DC WR / DxO ViewPoint 2

レンズシャッター搭載レンズやティルト・シフトレンズについては中判ではぜひ揃えたいところでしょう。でも35mm判フルサイズ一眼レフではどうでしょうか…シフトや逆ティルトはソフトウェアで補正しても良いように思います。物撮り時のティルト撮影はソフトウェア補正でもさすがに無理かと思いますけれど…はたしてどれだけ需要があることやら…
ま、個人的にはエクステンションチューブやベローズは欲しいところです。ペンタも電磁絞りを採用してくれたら絞り制御機能も搭載したリバースアダプタとか欲しいところですが(笑)

その他として…

・Mレンズなど絞り環にAポジションのないレンズでも絞らず測光させる…というのはさすがにやらないでしょうね。可能ならすでに搭載しているかと。

・AF性能のさらなる改善とレンズ内モーターの速さは嬉しいところです。私は基本的にAFは使いませんが、それでも高速正確AFがあれば多用する場面も増えそうです。

・SRを利用した超解像も興味深いです。ただ、三脚必須のようですからお気楽に…というわけにはいかな
いですよね。

・有線テザリング撮影もK-3のアップデートを検討しているようですね。できるようになるとちょっと嬉しいデス♪

・適切なセンサーの画素数についてはまぁその通りなのですが、おそらく高画素化へと進むでしょうね、APS-Cをみていてもそうですから。センサーメーカーもこれまで通り、その時に最適なものを選ぶようです。まぁセンサーを作ってませんからねぇ

ーー

「遅すぎる!」と言われなかった…は…まぁ…ねぇ…そう思ってた人たちの多くはすでに別マウントに移行しちゃってるでしょうし…う〜ん…

|

« PENTAX Kマウントロードマップが更新されましたね | トップページ | にゃん・にゃん・にゃん »

コメント

Aレンズ以前とはAレンズを含む

投稿: | 2015.02.16 12:26

ご指摘ありがとうございました。修正しました。

投稿: Sukeru | 2015.02.16 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17370/61143998

この記事へのトラックバック一覧です: リコーイメージング開発陣のインタビューについて:

« PENTAX Kマウントロードマップが更新されましたね | トップページ | にゃん・にゃん・にゃん »