« さすがに桜も終わりですね | トップページ | PENTAX K-1 + Wide & Ultra-Wide Lenses »

2016.05.06

PENTAX K-1ミニレビュー

20160506k_1_1

2000年、フォトキナでのフィリップス製600万画素35mmフルサイズの撮像素子を搭載した一眼レフカメラ「K-1(仮称)」の発表…そして2001年の開発断念発表以来、苦節15年あまり…

ようやく…ほんとうにようやくPENTAXの35mmフルサイズ一眼レフ「K-1」が登場しました!
いやもう、速攻で予約し、発売日をまだかまだかと待ちましたですよ。
もちろん「購入宣言」もやりましたヽ(^▽^)ノ

20160506k_1_3

…ま、普段の私なら、発売日当日あるいは翌日にはこのblogに何らかの記事をアップしていたと思います。

わくわくドキドキで開封の儀を行いましたですよ、はい。
目の前には待ちに待ったK-1が…でもその瞬間、何とも言えない気分になりました。

事前の発表で分かってはいたのですが、やはり訳の分からない「機能ダイヤル」…そうです、工場出荷時では「無効」になっているあのダイヤルです。さらに「設定ダイヤル」と、そのおかげでとても小さくなってしまった表示パネル…

PENTAXのユーザーインターフェースってば、機能てんこ盛りかつ無駄を徹底排除し、操作性ピカイチなものと思い込んでいただけに、この「機能ダイヤル」にはほんとうにげんなりしてしまいました。

初対面の印象って大事だと思います…

とは言え、「もしかすると嬉しい撮影技法につながるかも?」と思い直し、まずは動作チェックです。

20160506k_1_4
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8 WR

最初の1枚に使うレンズは散々悩んだのですが、使用頻度から言ってもやはりD FA Macro 100mmでしょう!
被写体はねんどろな「ニパ子」さん(笑)
シャッター音は「ジャジャ!」という感じ。好みです☆

ただ、ここでも「なんだかなぁ…」と感じてしまったのですよ…

K-1のファインダー倍率は約0.70倍です。この倍率はNikon D5の約0.72倍やCanonのEOS-1D X Mark IIの約0.76倍と比較してもまぁがんばっている方ですよね。
でもPENTAX LX + FA-1ファインダーの約0.9倍と比較するとやはり狭く感じます。

20160506k_1_5

ファインダーにiPhoneをくっつけ、コリメート法で撮影したアバウトな比較だとこんな感じ…
もちろんアイポイントも違うわけで、実際にこれだけの違いがあるわけではありませんが、それでも…ね。

ファインダースクリーンもまったく違うのですが、ピントの山のつかみやすさも全然違います。
(あ、拡大アイカップO-ME53を付けると、周辺部は見づらくなりますけれどちょいと拡大でき、K-1でもピントの山がずいぶんつかみやすくなりますね)

事前情報で分かってはいたんですよ。
そして、勝手に妄想を膨らませていて勝手に自爆しただけだということも、はい。

萎えた気持ちを奮い立たせ、ちょこっと撮影です。

20160506k_1_6
PENTAX K-1 / smc PENTAX-D FA Macro 100 mm F2.8 WR

新機軸の背面液晶モニターチルトを使ってライブビュー撮影です。
アングルファインダーを使わないと非常に撮りにかった角度ですが、新しいチルト機構と「アウトドアモニター」と呼ばれる明るさ調節機能のおかげで、晴天下でも快適撮影できました。
背面液晶モニターが光軸と一致するよう動くのも嬉しいポイントですね。

20160506k_1_8
PENTAX K-1 / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100mm ZK

まぁ一眼レフのライブビュー撮影はどうてもタイムラグができるので、K-1を三脚に固定しての撮影でないとちょっと厳しいものがありますね、当然ですが。

20160506k_1_9
PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA* 70-200mm F2.8 ED DC AW

K-3だとちょっと長いな…と感じていたD FA* 70-200mmですが、K-1との組み合わせはホント良いですね。
35mmフルサイズなので、絞り開放時では周辺光量低下も見られますが、個人的には好みな低下ですね。
にしても凄まじい解像度のレンズですねぇ。

20160506k_1_10
PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA* 70-200mm F2.8 ED DC AW

個人的に嬉しいのは、ISO12800でもblogに載せる画像としてはまったくと言って良いほど問題ない点です。高感度がホント強いですね。
もちろん等倍で見るとザラザラ感や溶けたようになっているところもありますが、A4くらいのプリントアウトなら十分ではないかと。


当初、いろいろ点でなんだかなぁ…と感じたK-1ですが、撮ってみるとニヤニヤが止まりません。
いや〜、良くできた面白いカメラですね♪

連続撮影は約4.4コマ/秒とK-3から大きく落ちてますが、それはそれ。
いざというときAPS-Cにクロップすれば約6.5コマ/秒までアップできますし。

あ、「機能ダイヤル」はクロップ切り替えにしてみようかな?

|

« さすがに桜も終わりですね | トップページ | PENTAX K-1 + Wide & Ultra-Wide Lenses »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17370/63590478

この記事へのトラックバック一覧です: PENTAX K-1ミニレビュー:

« さすがに桜も終わりですね | トップページ | PENTAX K-1 + Wide & Ultra-Wide Lenses »